学科紹介

柔道整復師とは

自然治癒力を生かした徒手による医術として永い伝統を誇る柔道整復師。

人間の身体をトータルに見つめ全人的な治療を行うというその優れた有効性は、古くて新しい医療の姿として今もっとも注目を集めています。
それでは、具体的にどんなことを行うのか、改めてご紹介しましょう。

柔道整復師の仕事とは?

柔道整復とは、人体の骨折、脱臼、捻挫、打撲などの患部を整復することをいい、スポーツや不慮の事故による運動器官の皮下損傷をメスを使用することなく治療をすすめていくのが柔道整復師の仕事なのです。例えば、骨、筋肉、腱をはじめ靭帯、関節包、椎間板などの関節円板や関節半月、関節軟骨を対象に、骨折や脱臼、打撲、捻挫、突き指、ぎっくり腰やムチウチなどの症状に対して施術を行っていきます。施術は、「整復」、「固定」、そして手技療法、運動療法、物理療法の「後療」が主体で、これらをもって人間に本来備わっている「自然治癒力」を高めていきます。ただし、脱臼または骨折に対する施術には医師の同意を必要とし(応急手当をする場合は除く)、外科手術、投薬、レントゲンの撮影は禁止されています。

 

 

柔道整復師は医師と同じように開業することも可能

保険の取り扱い(療養費払い)ができることから、接骨院を開院して地域医療に貢献する人、整形外科を設置している病院に勤務する人、またスポーツトレーナーとして活躍する人等、柔道整復師の活躍フィールドは多岐に及んでいます。
そのための資格を取得するには、高校卒業後に3年間専門の養成機関で履修し、卒業後(見込み含む)に厚生労働大臣の指定を受けた柔道整復研修試験財団が行う『国家試験』に合格しなければなりません。必要な基礎系科目と臨床系専門科目は入学してから修得できるので、未経験でも心配することはありません。

 

 

日本古来の柔術とともに発展してきた治療法。

柔道整復師の手技治療法である整復術は、柔術との深い関わりのうえ、東洋医学と現代医学の影響を受けながら発展してきました。柔道を心得ている者は、当身技や投技、関節技などの技や構えを体得しているため、身体の取り扱いに精通していることから、薬や手術に頼らず身体の構造に沿った自然な治療法を施すことができるという点で注目を集めてきたわけです。
かつては柔道の教授を成す者だけにしかその資格は与えられませんでした。しかし様々な法改正により、現在では柔道の心得がなくてもゼロから学べる体制が整っています。近年では女性の柔道整復師も急増しており、医療人が働く現場は、時代に応じて刻々と変化しています。

 

 

医療技術だけでなくコミュニケーション能力も重要

現在、医療の現場では病気や怪我の治療はもちろん、心のケアの重要性が説かれるようになっています。柔道整復師も例外ではありません。
基本的に『自然治癒力』を高める治療法ですから、早期回復をはかるためには、損傷部位の把握と平行して患者様の気持ちを和らげ、前向きにするためのコミュニケーションを十分に取る必要があります。つまり柔道整復師には、優れた医療技術者であると同時に、患者様の生活全てをサポートするアドバイザーとしての資質も問われるわけです。

 

 

 

世界的にも認められた技、「Judoセラピー」