高校生の方へ

高校生の方へ

本校は次世代の医療として注目される“柔道整復師”を養成する施設です。
接骨院の独立開業やスポーツトレーナーとしての活躍等をめざして、みんな毎日頑張っています。

JR立川駅より徒歩3分の立地。交通至便で通学にも便利。

JR各線とモノレールが交差する立川は近年、めっきり都会的なイメージへと変貌しました。また、名所、旧跡、公園から最新スポット、さらには祭りやイベント、伝統行事等々、四季を通じて魅力尽きない街のひとつでもあります。ここなら、充実したキャンパスライフを楽しめること間違いなしです。

  • ルミネ

    立川駅北口の百貨店。地下1階から9階までの各フロアでは、ショッピングから食事まで楽しめます。

  • 伊勢丹

    立川駅北口の百貨店。地下1階、地上8階建てで、いつでもショッピングや食事を楽しむ人で賑わっています。

  • 高島屋

    立川駅北口の百貨店。地下1階、地上9階建てのフロアにはあらゆるものが充実。月毎のイベントも要チェックです。

  • グランデュオ立川

    立川駅南口直結の百貨店。地上8階建てで季節に応じたイベントがあり、多くの人で賑わっています。

  • エキュート立川

    立川駅構内の「エキナカ」のショッピングセンター。様々なお惣菜からスイーツやカフェがあり今話題のスポットです。

  • シネマシティ

    6つの劇場を持つシネマコンプレックス。ここなら観たい映画が見つかるはず。

  • AreAreA

    立川駅南口の大型商業施設。全国の有名店が味と技を競うラーメンスクエアは、要チェックです。

  • 昭和記念公園

    四季折々の草花が迎えてくれます。さまざまな施設や日本庭園があり、夏はプールもオープン。

 
将来は、医療分野だけでなく介護・福祉・スポーツ分野でも活躍

柔道整復師としての活躍の場所は、接骨院・整骨院・病院・介護施設・スポーツトレーナーなど多彩です。その中でも本校は、時代の現状をとらえ次代に対応できるスペシャリストを多数輩出しています。

 

 
在校生インタビュー
上田 達也

スポーツ選手を支えられるようになりたい

上田 達也 さん Tatsuya Ueda 柔道整復師学科2年
東京都私立大東学園高等学校卒業⇒関東柔整入学

小学校から高校までサッカーをしていましたが怪我が多く、十分にサッカーを楽しむことができなかったので、同じ悩みを抱える人の役に立ちたいと思い柔道整復師をめざしました。授業は1年生の時から国家試験を意識した内容なのでモチベーションも上がります。また、接骨院での研修では現場で学ぶことも多く大変良い勉強になっています。将来は腕を磨き、プロスポーツ選手を支えられる柔道整復師になりたいです。

遠藤 瞳

患者さんから頼られる先生に

遠藤 瞳 さん Hitomi Endo 柔道整復師学科2年
千葉県私立敬愛大学八日市場高等学校卒業⇒関東柔整入学

部活で怪我をしては接骨院にお世話になっていました。怪我の手当はもちろん、試合に向けてコンディショニングを調整してくれたので安心してプレーができ、私もこのような先生になりたいと思い柔道整復師をめざしました。授業では「わからないところをそのままにするな」と先生方が細かく声をかけてくれ、わかるまで教えてくれます。将来は幅広い知識・技術を身に付け、患者さんに頼られる先生になりたいです。

藤森 淳史

人の役に立つ柔道整復師に

藤森 淳史 さん Atsushi Fujimori 柔道整復師学科3年
岩手県立大東高等学校卒業⇒関東柔整入学

高校で部活動に励んでいた際にケガをして整骨院にお世話になりました。試合までの短期間にベストコンディションにしていただいたことに感激し、自分も人の手助けをしたいと思い柔道整復師をめざしました。学校の先生方は個性的で、どの授業も楽しく学んでいます。特に実技が楽しく、練習を繰り返すたびに上達していくのが実感できます。しっかり勉強に励み、人に役立つ柔道整復師になりたいです。

小峰 夏海

社会に貢献できる柔道整復師に

小峰 夏海 さん Natsumi Komine 柔道整復師学科3年
東京都立秋留台高等学校卒業⇒関東柔整入学

医療に携わる仕事に憧れがあり、スポーツが好きだったのでスポーツトレーナーとしても活躍できる柔道整復師をめざしました。関東柔整に入学した高校の先輩からの紹介で体験入学に参加し、先生方や在校生の雰囲気が良く、ここでなら国家試験に向けてしっかり勉強できる環境だと感じ入学しました。女性の少ない業界なので、女性ならではの視点から社会に貢献できる柔道整復師になりたいです。

指定校推薦入試
特典

入学金300,000円免除

 

出願用件
本校が指定した高等学校を2018年3月卒業、または2019年3月卒業見込みで、学校長の推薦が得られ次のいづれかに該当し、専願する者
高等学校3年間の評定平均3.0以上、かつ、欠席日数20日以内の者
クラブ活動、地域スポーツクラブ等、各種大会において活躍し、優れた成績を修めた者

 

 

▲ このページのトップへ