インタビュー

在校生

「柔道整復師」をめざす学生たち。みんな同じ目標に向かって毎日頑張っています。
伊原 花蓮 さん

心のケアもしっかりできる柔道整復師に

伊原 花蓮 さん Karen Ihara  柔道整復師学科2年
山梨県立笛吹高等学校卒業⇒関東柔整入学

小さい頃からバレーボールやバスケットボールをしていて、怪我をするたびに整骨院のお世話になっていました。 ある時、バスケットボールの試合に怪我で出られなくなり落ち込んでいた自分を、“ベンチから選手をサポートすることも大事だよ”と先生にアドバイスをいただき、その言葉で自分がやるべきことに気付かされ、気持ちが楽になったことがありました。 怪我の治療だけでなく、コミュニケーションをとることで、心のケアもしてくれる。そんな先生に憧れて、柔道整復師をめざしました。 関東柔整は体験入学に参加した時に、先生の丁寧な説明や学校の雰囲気に魅力を感じ、ここなら自分も楽しく学べそうだと思い選びました。 実際に授業は、先生方の臨床現場での経験を交えた内容で、教科書に載っていないこともあり毎回興味を持って学んでいます。 クラスの雰囲気はとても明るく、クラスメイトもみな仲が良く、分からないことは教え合うなどしています。 将来は、コミュニケーション能力を身に付け、たくさんの患者さんを笑顔にできる柔道整復師になりたいと思います。

  • 伊原 花蓮 さん
雨宮 紀貴 さん

夢は患者さんに信頼される整骨院の開業

雨宮 紀貴 さん Noritaka Amemiya  柔道整復師学科3年
高等学校卒業⇒専門学校トヨタ東京自動車大学校卒業⇒社会人⇒関東柔整入学

高校時代は野球部に所属していて、肩や肘の怪我のため整骨院で治療を受けることがありました。適切な処置のおかげで痛みも和らぎ、回復していったことに感動し、人助けのできる素敵な仕事だなと思っていました。高校卒業後は自動車整備士の学校を経て社会人となりましたが、人をサポートする仕事への想いが忘れられず、もう一度学び直そうと考えました。関東柔整は実際に学んでいた知人からの勧めもありましたが、体験入学で熱心に説明して下さる先生方の人間力に惹かれ入学しました。授業は先生方が丁寧にしっかりと教えてくださるので、とても分かりやすいです。私はクラスの中でも最年長であり、同級生のほとんどが年下です。しかし年齢に関係なくみんなとても仲が良く、一緒に勉強しお互いに教え合うなどして、クラス全員が進級できたときはみんなで喜びました。まずは国家試験合格が目標ですが、卒業後は現場で知識と技術を身に付け、将来は患者さんから信頼される整骨院を開業したいです。また、高校の野球部のトレーナーとして選手のサポートもしたいと考えています。

  • 雨宮 紀貴 さん
岩浪 悠弥 さん

「あなたに出会えてよかった」と思われる柔道整復師に

岩浪 悠弥 さん Yuya Iwanami  柔道整復師学科3年
東京都立福生高等学校卒業⇒関東柔整入学

小さい頃から格闘技をやっているので、怪我をするたび整骨院にお世話になっていました。そこで痛みの緩和処置をしてくれる先生に自然と憧れるようになり、自分も怪我をした人を支えられるようになりたいと思い、柔道整復師をめざしました。学校選びでは、色々な学校へ見学に行きましたが、ほとんどの学校では楽しい学生生活が過ごせますといった説明でしたが、関東柔整だけは“国家資格取得の勉強は簡単なものではない”と本音で話をしていただき、その誠実さに魅力を感じて入学を決めました。先生方の教え方はとても丁寧で、教科書に書かれてある内容を実際にその場で実践するなど、目に見える授業をしていただけるのでとてもわかりやすいです。クラスメイトは皆仲良しですが、遊びと勉強をきちんと使い分けるメリハリの利いた雰囲気が自分に合っています。今後の目標は国家試験合格はもちろん、プロキックボクサーとしてリングで戦っているので頂点をめざすこと。将来は患者さんに『あなたに出会えてよかった』と思われる柔道整復師になりたいです。

  • 岩浪 悠弥 さん