インタビュー

研修生

小俣 麻衣 さん
 

昼間部3年生
小俣 麻衣 さん
Mai Omata

 
山梨県大月市立大月短期大学附属高等学校卒業
⇒関東柔整入学、みどり堂整骨院で研修生として勤務

① 柔道整復師を目指したきっかけ
高校時代にバレーボールをやっていて、接骨院でよく治療していただきました。先生は怪我を予防するために膝にテーピングをしてくれて、その時の手際の良さから憧れをいだくようになり、自分も目指してみようと思いました。

② 関東柔整を選んだ理由
関東柔整を選んだのは授業が午後からなので、山梨の実家からでも通いやすいというのが大きな理由です。また、体験入学に参加した時の学校の雰囲気が良かった事も入学の決め手となりました。

③ 研修について
現場では先生のサポートを行いながら、責任感、気配り、緊張感を体験させていただいています。患者さんの年齢に合わせて会話の内容を変えたりしながら、患者さんの目線にたって仕事に臨むよう心がけています。また、院長先生も関東柔整の卒業生なので、空いた時間には勉強を教えてもらったりしています。

④ 授業について
実際の現場を体験しているので、学校での授業もより具体的で分かりやすいです。解剖学で筋肉の組織などを学んでいるときは、現場を思い出しながら効率よく学ぶことができています。少人数制なので質問もしやすく、試験対策も充実しています。

⑤ 今後の目標
接骨院では女性の柔道整復師は非常に少なく、女性特有の症状を抱える患者さんの数は非常に多いのが実情です。しっかり勉強して国家資格を取得し、様々な知識・技術を吸収し、女性の患者さんに役立てる柔道整復師になりたいです。
 
  • 小俣 麻衣 さん
  • 小俣 麻衣 さん
 
  • 小俣 麻衣 さん 1日のスケジュール
  • 小俣 麻衣 さん